セミナールーム、会議室等

講堂(3部屋連結使用可)

3部屋ある講堂を用途に応じて様々な連結パターンで運用することのできる部屋になります。
会議・研修などを円滑に進行するために、各講堂の機器操作や運用パターン(部屋の連結パターン)切替などを、卓上タッチパネルと無線タッチパネル(iPad)により、簡便に準備・運用することが可能になりました。

運用パターン

3部屋の連結の仕方で4パターンの運用が可能です。

① 全体使用「講堂A+B+C連結」
② 個別使用「講堂A単独、B単独、C単独」
③ 2部屋連結使用「講堂A+B連結」
④ 2部屋連結使用「講堂B+C連結」


制御用タッチパネル画面サンプル

システム電源ON/OFF、運用パターンの切替、映像表示切替、AV/マイク音量調整、Blu-ray操作、TV会議送信映像選択、配信映像選択、プロジェクター電源、スクリーン昇降、PowerPointのスライドショー操作などの機器操作をたったひとつのタッチパネルで操作することができます。

運用パターン選択(講堂A)
メイン操作(入力選択)
個別マイク音量
TV会議映像送信
プロジェクター・スクリーン
PowerPoint操作

セミナールーム

プロジェクターの操作、表示選択などをレクターン(演台)にセットされたタッチパネルにより行っています。
照明の制御も行えますので、タッチパネルの操作で部屋の雰囲気を簡単に変えることができます。

制御用タッチパネル画面サンプル

入出力選択
Blu-ray操作
TV会議操作

会議室

TV会議システムや音声会議システム(複数のマイク)を使用した事例です。
操作はCrestronのワイヤレスタッチパネルとコントロールシステムを使用しております。