活用事例

これからの時代のハイブリッドワークに対応するオフィス環境

コロナ終息後の新しいワークスタイル、「ハイブリッドワーク」とは?

ワクチン摂取後のワークスタイルに関する調査では、「在宅勤務が定着する」と予測する人の割合は日本が30%、米国では40%でした。
今後はオフィス出勤と在宅勤務を選択し、両立できる「ハイブリッドワーク」が定着すると予想されています。

出典 : Statistics and Research Coronavirus (COVID-19) Vaccinations (Our World in Data)
IDC Directions Tokyo 2021:デジタルレジリエンシーを推進するワークモデルとは

ハイブリッドワークに求められる設備・環境

オフィス出勤と在宅勤務を社員が選べるハイブリッドワーク。
新しい働き方が定着すれば、当然会社に求められる設備・環境も変わります。

  • 各拠点そして在宅で勤務する者同士を繋ぐオンライン会議
  • より快適なファイル共有、共同編集
  • 予定表の共有、在籍確認
  • チャットなどの気軽なコミュニケーションツール
これら、全てMicrosoft Teamsで実現できます。

新しい働き方に対応するMicrosoft Teams

Microsoft Teamsは、新しい働き方に総合的に対応するツールです。
距離の壁を感じさせない、円滑なコミュニケーションをTeamsで実現しませんか?

TeamsにはWeb会議をより快適するサービスが豊富に用意されています。会議で生じるこれらの問題を解決します。

  • Web会議の音質や映像に限界を感じる
  • ディスカッション時に使用するホワイトボードなどの共有が難しい
  • 会議室のAV機器の設定が複雑で設定に時間と手間がかかる

弊社では、そんなMicrosoft Teamsをより快適に利用できる環境をお客様に合わせてご提案しています。

スマホから手軽に参加

複数のAV機器操作をワンタッチで

ホワイトボードの共有

AIによる議事録自動生成

非言語表現(ジェスチャー、絵文字など)

セキュリティとプライバシー保護

新しい働き方に最適化されたオフィス環境にしませんか?

弊社では、そんなMicrosoft Teamsを活かす新しいオフィス環境を提案しております。より快適なオンライン会議、作業環境を実現してみませんか?

Web会議システムについて

下記のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら