活用事例

オフィスの音声セキュリティを守りながら空間演出!

重要な会議やプレゼンなどの情報の漏れを防ぐサウンドマスキング

会議やプレゼンテーション時の音漏れ問題を意識したことはありますか?オフィスで繰り広げられる会話には機密情報が多く含まれています。
そんな「音声」の漏れを防ぐために、以前サウンドマスキングをご紹介しました。

オフィスの機密情報や従業員の生産性を守る!音漏れ防止方法

サウンドマスキングを導入する際の注意点

音声上のセキュリティを強化してくれる、便利なサウンドマスキングですが導入の際には注意点があります。
そもそも、サウンドマスキングの仕組みは空調音のような背景音をわざと部屋に流すことによって、隣室からの音漏れや遠くからの小さな音を聞こえなく(マスク)し、オフィスのセキュリティや生産性を保つものです。

つまり、漏れて聞こえる音声と同等程度の音量のマスキング音を流す必要があるのです。
遮音性が殆ど無いローパーティション越し、もしくは完全なオープンスペース上に導入をする際は、マスキング音をその分大きな音量で流す必要があるので、場所によっては適さない場合があります。マスキング音は空調音のようなホワイトノイズをあえて流す仕組みのため、大きな音量で流すと不快に感じてしまいます。

不快にならないBGMで空間を演出しながらセキュリティ確保

そこで、今回はマスキング音として空間を演出するBGMを流す方法をご紹介します。
カフェに流れているようなリラックスできる音楽はもちろんのこと、川や森、海などの自然界の音を流すことによって、音声漏れを防ぐと同時にゆったりとした空間を演出し、社員の仕事への集中力や生産性を向上させることができます。
このように、通常のマスキング音以外にも様々なBGMをご用意しております。お客様の環境に合わせて、最適な位置へのスピーカー設置、BGMを選択するお手伝いをします。

音声のプライバシーや従業員の生産性を守る、安全なオフィス環境にしてみませんか?

弊社では、オフィスの会議室や設備のセキュリティ向上や、業務の効率を上げるシステム作りを得意としております。
御社もプライバシーが守られた安全で働きやすいオフィス環境にしてみませんか? 下記のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら